Warsaw 17.2 ºC
連絡先

世界遺産

ユネスコが『世界遺産』に定めた都市や建物、自然や景観は、世界が誇り、永代に亙って保存すべき人類最高の宝であるという証です。ポーランドでは教会・王城・地下採掘坑・国立公園などバラエティに富んだ文化遺産、自然遺産が世界遺産リストに登録されています。

● クラクフ歴史地区(Historyczne centrum Krakowa, 1978)
● アウシュヴィッツ=ビルケナウ ナチス・ドイツの強制・絶滅収容所(Auschwitz-Birkenau. Niemiecki nazistowski obóz koncentracyjny i zagłady, 1979)
● ワルシャワ歴史地区(Historyczne centrum Warszawy, 1980)
● ビャウォヴィエジャ原生林(Puszcza Białowieska, 1979, 1992)
● ザモシチ旧市街(Stare Miasto w Zamościu, 1992)
● 中世都市トルン(Średniowieczne miasto Toruń, 1997)
● マルボルクのドイツ騎士団城(Zamek krzyżacki w Malborku, 1997)
● カルヴァリア・ゼブジドフスカ - マニエリスム建築と公園が織りなす景観及び巡礼公園(Kalwaria Zebrzydowska: manierystyczny zespół architektoniczny i krajobrazowy oraz park pielgrzymkowy, 1999)
● ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群(Kościoły Pokoju w Jaworze i Świdnicy, 2001)
● 南部マウォポルスカの木造教会群(Drewniane kościoły południowej Małopolski, 2003)
● ムジャクフ景観公園(Park Mużakowski, 2004)
● ヴロツワフの百年記念会館 (Hala Stulecia, 2006)
● ポーランドとウクライナのカルパティア地方の木造教会群(Drewniane cerkwie w polskim i ukraińskim regionie Karpat, 2013)
● ヴィエリチカおよびボフニャの王立岩塩坑(Królewskie Kopalnie Soli w Wieliczce i w Bochni, 2013)
● タルノフスキェ・グリの銀・鉛・亜鉛鉱と地下水管理システム( Kopalnia rud ołowiu, srebra i cynku wraz z systemem gospodarowania wodami podziemnymi w Tarnowskich Górach, 2017)

都市

世界遺産の登録が始まったのは1978年のことですが、ポーランドはその栄誉ある最初の登録地の一つに選ばれました。それはクラクフ旧市街です。クラクフは中世の街並を変わらずそのままに保っていることから、その素晴らしさが評価され、国際世界遺産委員会で登録が決定されたのです。
クラクフに続いて、ワルシャワ、ザモシチ、トルンの各旧市街もリストに登録されました。ワルシャワの旧市街が指定を受けたのは、第二次世界大戦後の市民の手によってかつての街並が見事に再建・再現されたことが評価されたものです。ザモシチはルネサンス様式の、またトルンはゴシック様式の都市計画がよく保存されていることが高く評価されました。またマルボルクは十字軍騎士団の城が登録されています。これは世界で最大規模を誇るゴシック様式の城の一つということで知られています。

宗教建築

宗教建築物としてリストに登録を受けているものもあります。マウォポルスカ地方とポトカルパチェ地方に点在する6箇所の木造教会建築群カルヴァリア・ゼブジドフスカの礼拝堂、17世紀に由来するシフィドニツァとヤヴォルの平和教会です。平和教会の名前は、30年戦争終結後の平和の時代、時の皇帝がルター派の人々に都会を離れた郊外で、木による建築のものであれば自分たちの教会を建てる事を許す、との勅命を出したことに由来しています。

自然

自然遺産に登録されているビャウォヴィエジャ国立公園はヨーロッパのこの地域に残る最良の状態の原生林です。
またポーランドとドイツの国境にまたがるムジャクフ公園はイギリス庭園の様式を備えた19世紀来続く美しい庭園です。
ヴィエリチカ岩塩坑は他に類を見ない規模と景観を擁す、中世から採掘を続けているポーランド最古の岩塩採掘坑であると同時に最古の産業でもあります。

また、全く異なる「負の遺産」といったカテゴリーに分けるべきは、アウシュヴィッツービルケナウ強制収容所です。ここは、第二次世界大戦中にナチスの手により無数のユダヤ人、ポーランド人、ロマたちをはじめとする様々な人々が殺される悲劇を目撃した場所なのです。

2006年に登録されたヴロツワフの百年記念会館はモダン建築の代表的例として、また20世紀の鉄筋コンクリート建築の基礎を開発したドイツ生まれの建築家マクス・ベルクの最高の成果として世界中の建築科の学生が必ず学ぶものとなっています。

 

タルノフスキェ・グルィの坑道内
ポーランド南部、シロンスキェ県にあるタルノフスキェ・グルィとその近郊には2017年に世界遺産となったタルノフスキェ・グルィの鉛・銀・亜鉛鉱山とその地下水管理システムがあります。この世界遺産は28の複合遺産であり、鉱石採掘とそれに伴う地下水の排水システムや飲料水利用に関するひとつの事業体を形成しています。
ポーランドとウクライナのカルパチア地方の木造教会群
ポーランドとウクライナのカルパチア地方の木造教会群 Drewniane cerkwie w polskim i ukraińskim regionie Karpat は2013年に世界遺産に登録され、そのうち8か所がポーランドに点在してます。
カルヴァリア・ゼブジドフスカ - マリエニスム建築と公園が織りなす景観及び巡礼公園
世界遺産に指定されているマリエニスム建築と公園が織りなす景観及び巡礼公園があるカルヴァリア・ゼブジドフスカはクラクフから33km南西の小さな町です。17世紀に、この美しい風景で知られるベスキト・マコフスキ山地一帯の地形を生かし、エルサレムのゴルゴタの丘を再現した景観・巡礼公園が建設されました。
ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群
この二つの木造教会は、そこに託されたメッセージに価値があります。17世紀半ば、ヨーロッパの大部分を荒廃させた「三十年戦争」と呼ばれるキリスト教宗教紛争の終結と平和の象徴となるべきものとして建てられました。
クラクフ歴史地区
史上初の世界遺産登録地の一つ、古都クラクフは「ポーランドの京都」とも呼ばれ、その旧市街は今もなお中世の街並がそのままに残り、ヨーロッパで最も美しい都市のひとつに数えられています。
ザモシチ旧市街
ルネサンスの真珠ルネサンスの真珠」との異名をとるこの可憐な町は、ポーランドの大貴族ヤン・ザモイスキの偉大な構想から生まれました。「ザモシチ」という名はザモイスキの名に由来します。無から始まった機能的な「理想都市」ザモシチは、留学先であったイタリア・パドヴァをポーランドに再現したいと願った大富豪の夢が結実した町なのです。
ニュースレター配信登録をする

弊局の所在地

ポーランド政府観光局
〒160‐0023
東京都新宿区西新宿3-4-4
京王西新宿南ビル7階