1 JPY = 0.03 PLN

世界遺産

ユネスコが『世界遺産』に定めた都市や建物、自然や景観は、世界が誇り、永代に亙って保存すべき人類最高の宝であるという証です。ポーランドでは教会・王城・地下採掘坑・国立公園などバラエティに富んだ文化遺産、自然遺産が世界遺産リストに登録されています。

● クラクフ歴史地区(Historyczne centrum Krakowa, 1978)
● ヴィエリチカ岩塩坑(Kopalnia Soli Wieliczka, 1978, 2013年にボフニャ岩塩坑を追加し拡大)
● アウシュヴィッツ=ビルケナウ ナチス・ドイツの強制・絶滅収容所(Auschwitz-Birkenau. Niemiecki nazistowski obóz koncentracyjny i zagłady, 1979)
● ワルシャワ歴史地区(Historyczne centrum Warszawy, 1980)
● ビャウォヴィエジャ原生林(Puszcza Białowieska, 1979, 1992)
● ザモシチ旧市街(Stare Miasto w Zamościu, 1992)
● 中世都市トルン(Średniowieczne miasto Toruń, 1997)
● マルボルクのドイツ騎士団城(Zamek krzyżacki w Malborku, 1997)
● カルヴァリア・ゼブジドフスカ: マニエリスム建築と公園が織りなす景観及び巡礼公園(Kalwaria Zebrzydowska: manierystyczny zespół architektoniczny i krajobrazowy oraz park pielgrzymkowy, 1999)
● ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会(Kościoły Pokoju w Jaworze i Świdnicy, 2001)
● 南部マウォポルスカの木造教会群(Drewniane kościoły południowej Małopolski, 2003)
● ムジャクフ公園(Park Mużakowski, 2004)
● ヴロツワフ百年記念会館 (Hala Stulecia, 2006)
● カルパチア地方の木造教会群(Drewniane cerkwie w polskim i ukraińskim regionie Karpat, 2013)
● ヴィエリチカおよびボフニャの王立岩塩坑(Królewskie Kopalnie Soli w Wieliczce i w Bochni, 2013)
● タルノフスキェ・グリの銀・鉛・亜鉛鉱と地下水管理システム( Kopalnia rud ołowiu, srebra i cynku wraz z systemem gospodarowania wodami podziemnymi w Tarnowskich Górach, 2017)

都市

世界遺産の登録が始まったのは1978年のことですが、ポーランドはその栄誉ある最初の登録地の一つに選ばれました。それはクラクフ旧市街です。クラクフは中世の街並を変わらずそのままに保っていることから、その素晴らしさが評価され、国際世界遺産委員会で登録が決定されたのです。
クラクフに続いて、ワルシャワ、ザモシチ、トルンの各旧市街もリストに登録されました。ワルシャワの旧市街が指定を受けたのは、第二次世界大戦後の市民の手によってかつての街並が見事に再建・再現されたことが評価されたものです。ザモシチはルネサンス様式の、またトルンはゴシック様式の都市計画がよく保存されていることが高く評価されました。またマルボルクは十字軍騎士団の城が登録されています。これは世界で最大規模を誇るゴシック様式の城の一つということで知られています。

宗教建築

宗教建築物としてリストに登録を受けているものもあります。マウォポルスカ地方とポトカルパチェ地方に点在する6箇所の木造教会建築群カルヴァリア・ゼブジドフスカの礼拝堂、17世紀に由来するシフィドニツァとヤヴォルの平和教会です。平和教会の名前は、30年戦争終結後の平和の時代、時の皇帝がルター派の人々に都会を離れた郊外で、木による建築のものであれば自分たちの教会を建てる事を許す、との勅命を出したことに由来しています。

自然

自然遺産に登録されているビャウォヴィエジャ国立公園はヨーロッパのこの地域に残る最良の状態の原生林です。
またポーランドとドイツの国境にまたがるムジャクフ公園はイギリス庭園の様式を備えた19世紀来続く美しい庭園です。
ヴィエリチカ岩塩坑は他に類を見ない規模と景観を擁す、中世から採掘を続けているポーランド最古の岩塩採掘坑であると同時に最古の産業でもあります。

また、全く異なる「負の遺産」といったカテゴリーに分けるべきは、アウシュヴィッツービルケナウ強制収容所です。ここは、第二次世界大戦中にナチスの手により無数のユダヤ人、ポーランド人、ロマたちをはじめとする様々な人々が殺される悲劇を目撃した場所なのです。

2006年に登録されたヴロツワフの百年記念会館はモダン建築の代表的例として、また20世紀の鉄筋コンクリート建築の基礎を開発したドイツ生まれの建築家マクス・ベルクの最高の成果として世界中の建築科の学生が必ず学ぶものとなっています。

 

ルネサンスの真珠ルネサンスの真珠」との異名をとるこの可憐な町は、ヤン・ザモイスキ公という一人の大貴族のアイデアと熱意から生まれました。「ザモシチ」という都市名も、彼の名に由来しています。一から全てが造られたこのザモシチは、「理想都市」を具現化したものとして世界的にも他に類を見ません。
第二次世界大戦中、ナチス・ドイツの蛮行によって百万以上におよぶ人々が亡くなった絶滅収容所であるアウシュヴィッツは、「負の遺産」として世界遺産に登録されました。今も世界中から多くの人々が追悼と平和を願って訪れます。
ムジャクフ公園Park Mużakowskiはポーランドとドイツの国境を流れるヌィサ・ウジツカ川の両側に広がる二つの国にまたがる景観式庭園です。
史上初の世界遺産登録地の一つ、古都クラクフは「ポーランドの京都」とも呼ばれ、その旧市街は今もなお中世の街並がそのままに残り、ヨーロッパで最も美しい都市のひとつに数えられています。
ワルシャワの旧市街は、世界中の世界遺産の中でも極めて例外的な存在です。大戦中灰燼に帰した街並を「レンガのひび割れ一つに至るまで忠実に」蘇らせたワルシャワ市民の「不屈の熱意」が認められたものだからです。
トルンは偉大な天文学者ニコラウス・コペルニクスの生まれ故郷として知られ、中世から変わらぬ佇まいを残す町です。焼き菓子のピェルニクやヨーロッパ一美しいと言われる旧市街の魅力に多くの人々が関心を寄せてきました。
世界遺産「百年記念会館」は、鉄筋コンクリート建築史における画期的な建造物として知られる歴史的建造物というだけでなく、数千人規模の収容能力を持つ多目的施設として、現在も様々な展示会やコンサート、スポーツイベントに利用されています。
この二つの木造教会は、そこに託されたメッセージに価値があります。17世紀半ば、ヨーロッパの大部分を荒廃させた「三十年戦争」と呼ばれるキリスト教宗教紛争の終結と平和の象徴となるべきものとして建てられました。 メッセージを伝える平和教会 ヤヴォルとシフィドニツァ、この2つの街に建つ木造教会の価値はそこに託されたメッセージにあります。17世紀半ば、ヨーロッパ中を荒廃させた「三十年戦争」と呼ばれるキリスト教の宗教紛争の終結と平和の象徴として建てられたものだからです。 ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会 Kościoły Pokoju w Jaworze i Świdnicy世界遺産登録: 2001年、文化遺産 所在地:  ドルヌィ・シロンスク地方(いずれもヴロツワフ市の南西方向) 歴史:  これら二つの福音アウグスブルク派の教会が建てられたのは、17世紀半ばのことです。カトリック派のハプスブルク家の支配下にあったボヘミアでプロテスタントが反乱を起こしたことをきっかけに勃発し、ヨーロッパの殆どの国と地域を巻き込んだ「三十年戦争」(1618~1648年)終結後のことでした。ヴェストファーレン講和条約(1648年)に基づき、オーストリア皇帝はドルヌィ・シロンスク地方のプロテスタントたちに対し、ヤヴォル、シフィドニツァ、グウォグフ (Jawor, Świdnica, Głogów)の三箇所に「平和教会」を建てることを許可しました(グウォグフの教会は後年火災により消失してしまったため現存するのは二つ)。大規模な破壊と荒廃をもたらした醜い戦争・宗教紛争の終結の象徴となるべきものでした。   ただし、これらの教会の建築には様々な条件が課せられました。   ・ 耐久性のない建材しか使用してはならない、   ・ 市壁の外側で、なおかつ大砲の射程距離内になければならない、   ・ 伝統的な教会建築様式をとってはならず、塔や鐘も備え付けてはならない、   ・ 一年以内に建設し終えなければならない、 などです。伝統的なカトリック教会のような頑丈で立派な建物を建てることは認められなかったのです。   このようにして、木材・藁・粘土を用いたハーフ・ティンバー(木骨)造りの建物が完成することとなりました。こうした事情を知らなければ、一見シンプル極まりなく、教会にすら見えないこれらの建築がなぜ世界遺産に値するのかと疑問に思われる方がいたとしても不思議ではありません。   しかしこれら二つの教会は、それ自体が大変に価値のあるものである、というのも事実なのです。木造建築の教会としてはヨーロッパ最大のものですし、また数千人を収容することができる木造建築物というのは大変に貴重で稀少なものです。また、外観こそ質素に造られていますが、一歩中に足を踏み入れれば、バロック様式の豪華できらびやかな内装が訪れる者の目を奪います。   ヤヴォル、シフィドニツァ、いずれの都市も素晴らしい歴史を誇っており(中世、シフィドニツァは独立した公国の首都でした)、まるで絵のように美しい旧市街には史跡の数々が観光客を引きつけてやみません。 平和教会群の見学時間についての情報(2018年8月27日更新)ヤヴォルの平和教会 公式サイト www.kosciolpokojujawor.pl/ 4月~10月 10:00 ~ 17:00 日曜日、祝祭日は12:00~17:00 (11~3月は1日以上前に電話予約がある場合のみ可)電話+48/76 870 51 45ヴロツワフからのアクセス検索→e-podróżnik.plシフィドニツァの平和教会 公式サイト http://kosciolpokoju.pl/ 4月から10月末まで月~土 9:00~18:00 日曜日12:00~18:00 (日曜の10時よりミサがあります) (上記のシーズンの見学時間内であれば予約はいりません)・11月から3月末まで 月~土 10:00~15:00 日祝 12:00~15:00 電話 +48/72 852 28 14  +603 331 578  拝観料: おとな1名 10 PLN   学生&こども 5 PLN、25名以上の団体1名当たり8PLN 車いす利用に対応しています。 オーディオガイド見学は所要時間40分、教会のある平和広場(Plac Pokoju)の見学は1時間から2時間必要。ヴロツワフからのアクセス検索→ e-podróżnik.pl
ポーランド南東部、マウォポルスカ地方には築年数百年を超える木造の正教教会やカトリック教会が点在しています。建築技術の素晴らしさと内装の鮮やかな多彩色画が評価され、6つの教会が世界遺産に登録されています。
人の手が入ることなくずっと自然のまま保たれた森林を原生林と呼びますが、ポーランドとベラルーシの国境をまたぐこのビャウォヴィエジャほど自然の力強さと動植物の種の多様性を感じさせる場所はないでしょう。バイソンの姿は圧巻です。
カルヴァリア・ゼブジドフスカはクラクフから33km南西の小さな町です。17世紀、美しい風景で知られるベスキト・マコフスキ山地一帯の地形を利用してエルサレムのゴルゴタの丘を再現したカルヴァリア景観・巡礼公園が建設されました。

旅行を計画する

旅行を計画する
人数は?
1
期間は?
2 
ニュースレター配信登録をする