Warsaw -1.1 ºC
連絡先
ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会

この二つの木造教会は、そこに託されたメッセージに価値があります。17世紀半ば、ヨーロッパの大部分を荒廃させた「三十年戦争」と呼ばれるキリスト教宗教紛争の終結と平和の象徴となるべきものとして建てられました。

メッセージを伝える平和教会

ヤヴォルとシフィドニツァ、この2つの街に建つ木造教会の価値はそこに託されたメッセージにあります。17世紀半ば、ヨーロッパ中を荒廃させた「三十年戦争」と呼ばれるキリスト教の宗教紛争の終結と平和の象徴として建てられたものだからです。

ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会
Kościoły Pokoju w Jaworze i Świdnicy

  • 世界遺産登録: 2001年、文化遺産
  • 所在地:  ドルヌィ・シロンスク地方(いずれもヴロツワフ市の南西方向)
  • 歴史:

  これら二つの福音アウグスブルク派の教会が建てられたのは、17世紀半ばのことです。カトリック派のハプスブルク家の支配下にあったボヘミアでプロテスタントが反乱を起こしたことをきっかけに勃発し、ヨーロッパの殆どの国と地域を巻き込んだ「三十年戦争」(1618~1648年)終結後のことでした。ヴェストファーレン講和条約(1648年)に基づき、オーストリア皇帝はドルヌィ・シロンスク地方のプロテスタントたちに対し、ヤヴォル、シフィドニツァ、グウォグフ (Jawor, Świdnica, Głogów)の三箇所に「平和教会」を建てることを許可しました(グウォグフの教会は後年火災により消失してしまったため現存するのは二つ)。大規模な破壊と荒廃をもたらした醜い戦争・宗教紛争の終結の象徴となるべきものでした。
  ただし、これらの教会の建築には様々な条件が課せられました。
  ・ 耐久性のない建材しか使用してはならない、
  ・ 市壁の外側で、なおかつ大砲の射程距離内になければならない、
  ・ 伝統的な教会建築様式をとってはならず、塔や鐘も備え付けてはならない、
  ・ 一年以内に建設し終えなければならない、
などです。伝統的なカトリック教会のような頑丈で立派な建物を建てることは認められなかったのです。
  このようにして、木材・藁・粘土を用いたハーフ・ティンバー(木骨)造りの建物が完成することとなりました。こうした事情を知らなければ、一見シンプル極まりなく、教会にすら見えないこれらの建築がなぜ世界遺産に値するのかと疑問に思われる方がいたとしても不思議ではありません。
  しかしこれら二つの教会は、それ自体が大変に価値のあるものである、というのも事実なのです。木造建築の教会としてはヨーロッパ最大のものですし、また数千人を収容することができる木造建築物というのは大変に貴重で稀少なものです。また、外観こそ質素に造られていますが、一歩中に足を踏み入れれば、バロック様式の豪華できらびやかな内装が訪れる者の目を奪います。
  ヤヴォル、シフィドニツァ、いずれの都市も素晴らしい歴史を誇っており(中世、シフィドニツァは独立した公国の首都でした)、まるで絵のように美しい旧市街には史跡の数々が観光客を引きつけてやみません。

平和教会群の見学時間についての情報(2018年8月27日更新)

ヤヴォルの平和教会
 公式サイト www.kosciolpokojujawor.pl/
4月~10月 10:00 ~ 17:00 日曜日、祝祭日は12:00~17:00
11~3月は1日以上前に電話予約がある場合のみ可
電話+48/76 870 51 45
ヴロツワフからのアクセス検索→e-podróżnik.pl

シフィドニツァの平和教会 
公式サイト http://kosciolpokoju.pl/
4月から10月末まで月~土 9:00~18:00 日曜日12:00~18:00 (日曜の10時よりミサがあります)
(上記のシーズンの見学時間内であれば予約はいりません)
・11月から3月末まで 月~土 10:00~15:00 日祝 12:00~15:00
電話 +48/72 852 28 14  +603 331 578 
拝観料: おとな1名 10 PLN   学生&こども 5 PLN、25名以上の団体1名当たり8PLN 車いす利用に対応しています。
オーディオガイド見学は所要時間40分、教会のある平和広場(Plac Pokoju)の見学は1時間から2時間必要。
ヴロツワフからのアクセス検索→
e-podróżnik.pl

旅行を計画する

ニュースレター配信登録をする

我々の住所

ポーランド政府観光局
〒160‐0023
東京都新宿区西新宿3-4-4
京王西新宿南ビル7階