1 JPY = 0.04 PLN
カトヴィツェ

この街はポーランド随一の工業地帯の中心地として知られています。19世紀以来続くその伝統は現在も変らず、最先端設備によって稼動する工場と、前世紀の歴史的なレンガ造りの工業施設跡が独特の街並をつくっています。

シロンスク地方はドイツ名ではシレジアといい、昔から石炭の産出地として国と国の勢力争いのはざまに立たされてきました。中心都市はカトヴィツェ。工業・鉱業を中心に成長した大都市で、現在は国際空港があり、幹線道路や列車の十字路として交通の要所として知られています。
炭鉱業とシロンスクは切っても切り離せない関係にあり、現在もその産業遺産を生かしたミュージアムや炭鉱労働者のために20世紀初頭に建てられた近代的な住宅群など、この地方ならではの見どころがそろっています。

昔から石炭の採掘で知られるシロンスク県にあるグイド炭鉱では、18世紀末から20世紀にかけての炭鉱の歴史と技術の進化を楽しみながら学べます。ヘルメットをかぶって、エレベーターで降りるのは地下170メートル。採掘の動力としてかつてはたくさんの馬が使われていたため、坑内には19世紀の厩舎が保存され、そのほかにも多円形掘削機をはじめとする珍しい機器が展示されています。ヨーロッパでもここだけにしかないオリジナリティーにとんだアトラクションです。

  1. 3 Maja 91 a, tel: 032 271-40-77

www.kopalniaguido.pl


カトヴィツェの東には世界遺産への国内候補にもなっている労働者住宅ニキショヴィエツがあります。ここは20世紀初頭にゲオルグ・ヴォン・ギェシェス・エルベン社が、雇用した炭鉱労働者のための住宅で1911年に入居が始まりました。エミール&ゲオルグ・ツィルマンの設計で、ドイツ各地にド同じ時期に建てられた集合住宅ジードルンクと同様に近代的な社宅として注目を浴びました。www.nikiszowiec.pl

旅行を計画する

旅行を計画する
人数は?
1
期間は?
2 

ニュースレター配信登録をする