1 JPY = 0.04 PLN
ポトカルパチェ地方

ポトカルパチェ地方(ポトカルパツキェ県, podkarpackie)

◆旅行者のひとこと◆
「ポトカルパチェ地方というのは地図をみるとポーランドの本当に南東の隅にあって、とても遠いイメージがありました。でも、県内には国際空港もあってドイツから飛行機で入ることができました。そこからバスにゆられて数時間行くと本当に自然の宝庫といえる美しいベシチャディ山地に到着です。清らかな川や滝はマイナスイオンがたっぷりといった感じで、趣味のバードウォッチングもたっぷり楽しむことができました。今回は遭遇しませんでしたが、ここにはまだ野生の狼が生息しているそうです。こんな自然があるのはヨーロッパ広しといえどもここだけじゃないかなと思い出いっぱいで帰国しました。」 



自然に恵まれたポーランドのなかでも本来の山や動物たちの生態が守られているエリアがこのポトカルパチェ地方にあるビェシチャディ山地といえるでしょう。
山々にが続く風光明媚なこの土地には、国内最大のダムがあり、水質の良さが最高の河川があることでも知られています。川や湖でのカヤックや川下りなどのスポーツも大変盛んで、観光客のみなさんも楽しむことができます。
また南部マウォポルスカの木造教会群の一部がこの地方にあり、世界遺産めぐりにも最適のデスティネーションとなっています。
2013年にはポーランド国内では14か所目にあたる木造の東方正教会群が世界遺産として登録され、ウクライナとの国境エリアにあるこれらの教会は新しい観光素材として注目を浴びています。
このエリアの主要都市のひとつであるプシェミシルはポーランドの南東の角に位置する都市で、町の歴史は千年余年。昔から東西交易と文化のクロスロードとして栄えてきました。ここの郊外には白く輝くクラシチン城があり、その美しさから人気のスポットとなっています。この城は古城ホテルとして宿泊することもでき、予約もホテル予約サイトからできます。
お手頃な価格で本物のお城ステイを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

旅行を計画する

旅行を計画する
人数は?
1
期間は?
2 

ニュースレター配信登録をする